にじの会について


HOME > にじの会について

代表挨拶

Greeting

明日はどんな花が咲くか



 保育園の存在価値が今日の様に認められていなかった頃、新松戸ベビーホームという乳児保育の種を巻いてから40年が過ぎました。この地になくてはならないものとして、きり拓いてきた産休明け保育、長時間保育はおかげ様でしっかりと根付き、公立小金西保育所の民営化をはじめ、私設の学童クラブを開室し幼少期からの一貫した教育環境を整備、近年では待機児童問題の一助になるため北小金駅前に新園を開園するなど、地域福祉の花が一つひとつ咲き始めました。
 少子高齢化をはじめ、子供達を取り巻く環境は日々変化しています。その中で子育てに奮闘されるご家族、そして子供達にとり変わらぬ拠り所となれる様、キリスト教の愛の精神を土台に、「他人の存在を受け入れ、異なる考え方にも耳を傾け、自分の考えをもつ」ことができる子を育てるべく、職員一同努力して参ります。苦しくも楽しい貴重な子育ての時間を共に楽しんでいきましょう。



社会福祉法人 にじの会
理事長 杉本景子

にじの会が目指すもの

Our goal

 社会福祉法人にじの会はキリスト教の愛の精神の下、地域福祉への貢献、働く女性の支援、そして子供たちが安心して過ごす事の出来る第2のお家としての保育園を作るため設立されました。
私達の法人名である『虹』はキリスト教において特別な意味を持っています。

 箱船のお話で有名な創世記の中で、大洪水の後、神様がノアと彼を信じ箱舟に乗って逃げた動物たちにこんなお話をされます。

 私が貴方達ならびに貴方と共にいる全ての生き物と立てる契約のしるしはこれである。私は雲の中に虹を置く。虹を見るたびに、貴方達との契約を心に留める。再び洪水が肉なるものを滅ぼすことは決してない。 

 虹は、神様が洪水を起こさないという約束を忘れないための徴(しるし)として描かれ、ここから虹は『約束の徴』意味するようになりました。社会福祉法人にじの会の名前はこの聖話に由来し、子供達、そして保護者の皆様に対し、理念に基づく一貫した保育環境と安心をお約束する徴として定められています。にじの会の名のもと、皆様との約束を忘れず、真摯に保育に取り組んでまいります。


にじの会の沿革

History

理念

Philosophy

 保育とはどのような仕事かということを考えたとき、 社会福祉法人にじの会では、私たちの仕事を「社会を変えられる仕事」だと考えます。保育という仕事はその子の育ちに関して人生のなかで一番大事なかけがえのない時期に携わることができる素晴らしい仕事です。

 にじの会は、法人創設以来、詩人 安積得也の「明日」という詩を引用し、この思想をもって歴史をつくってきました。

『はきだめに えんどう豆咲き 泥池から 
 蓮の花が育つ 人皆に 美しい種あり 明日何が咲くか』

 この詩は「一人のために」という詩集の「明日」という名の詩です。この詩の解釈を子育てにあてはめれば

 『一人一人の個性、多様性に向き合いなさい、子どもたちは、それぞれ美しい花を咲かせことができる「育つ力」をもっているものです。』

という意味をもっていることでしょう。

 ひとつひとつの種は同じように見えても必ず違いがあってひとつとて同じものはありません。その違いを確認しながら丁寧にその種たちが咲く力をつけるまで見守り、育てること、それはまさに私たちの保育の仕事そのものではないでしょうか。その花たちが美しく咲いた頃、社会は変わるかもしれません。そう信じてひとりひとりのこどもたちに向き合っています。

 明日という未来を生きる子どもたちは「希望」です。「希望」とは、キリスト教を究極に収斂した言葉でもあります。私たちにじの会の職員は、「一人のために希望を与えよ」という理念のとおり、ひとりひとりに向き合い子どもたちに希望を与えるという姿勢をもって仕事に取り組みます。



保育目標

Our Childcare Policy

受容・傾聴・自律

〜 キリスト教の愛の精神のもとに 〜
「他人の存在を受け入れ、異なる考え方にも耳を傾け、自分の考えをもつこと」

にじの会の保育証書には、次のことが書かれています。

   「じょうぶなからだと ゆたかな心 たしかな考えをもち 
           みんなの幸せな世界がくるようはげみましょう」


During the time you have spent at this nursery school,
you have been under the loving care and nurture of many teachers and friends.
As you now go out from this school, our mish for you is that you may be strong in body, gifted in mind and sound in thought, so that you may be able to help make this a happier world for people everywhere.


 みんなの幸せな世界とは戦争のない平和な世界を表しています。
ところで、争いごとは、何故おこるのでしょう。
また、そのような平和な世界は果たして理想でしかないのでしょうか。

 理念の引用になった安積得也の詩で伝えたいことは、少し難しい表現になりますが、「ひとりひとりに向き合うという多様性、個への理解、受容。」です。世の中にはいろいろな考え方、表現をする人がいます。そのことを認識せず、自分と違うものを排除すれば争いが起こります。他人の存在を尊重して異なる考えがあることを受け入れなければなりません。ただし、他人に流されない自分の考えを持つことはとても大切なことです。意思がない個人の集りは、結局ひとりひとりの個性を認めない集団、社会になるからです。

 「みんなの幸せな世界」とは、果てしない理想のようにも思えるかもしれません。しかし、はじめから大人が希望を捨ててはいけません。これからの世の中をつくっていくのは、いつの時代も子どもたちです。幼少期の大人とのかかわりで、子どもたちは大きく変わります。ひとつひとつの温かい言葉掛け、対応がその子の感性を育み、毎日の保育での小さな積み重ねによって少しでも理想の世界に近づけるはずだからです。にじの会の職員はみな子どもたちひとりひとりに希望を与えていく使命をもっているのです。

 以上のことから、にじの会では、子どもたちに キリスト教の愛の精神のもとに、
「他人の存在を受け入れ、異なる考え方にも耳を傾け、自分の考えをもつこと」
の大切さを伝え続けていきます。


 にじの会の保育として、子どもたちにこう育ってほしいと願うこと、
「受容・傾聴・自律」のチカラをもった子どもに育てることを目標に掲げています。

行動指針

Action Agenda

にじの会では、職員が日常業務にあたる上で何を大切にするべきか「FIVE QUESTION 5つの問いかけ」として、
職員の行動や考えの原則を示し行動指針に定めています。

法 人 概 要

Company Outline

法人概要

 本部住所
〒270-0034 千葉県松戸市新松戸6-118-1
 連絡先
TEL:047-344-3222 FAX:047-344-3223
 経営主体名称
社会福祉法人 にじの会
 経営主体代表者
理事長:杉本 景子
 運営施設
・新松戸ベビーホーム
・小金西グレース保育園
・北小金グレース保育園
・大金平グレース保育園
・小規模保育園:北小金グレース保育園ノーチェルーム(北小金グレース保育園)
・小規模保育園:小金城趾グレース保育園ノーチェルーム大金平グレース保育園)
・グレース学童クラブ

〒270-0034 千葉県松戸市新松戸 6-118-1
TEL : 047-344-3222 FAX : 047-344-3223

〒270-0032 千葉県松戸市新松戸北 2-11-3
TEL : 047-345-4994 FAX : 047-345-2496

住所:270-0004 千葉県松戸市殿平賀 200-11
TEL:047-348-3880 FAX047-348-3881


住所:270-0006 千葉県松戸市大金平 3-132-1
TEL:047-382-6181 FAX047-382-6183