園だより

School Letter



園のこだわりについて、⾒学者から尋ねられることがあります。改めて園の⽅針を⾒つめ直すと『柔和な保育』をすることなのだと感じます。お⼦様⼀⼈⼀⼈は驚くほどに違い、個性的です。硬直した考え⽅の保育施設では、その個性を受け⽌め伸ばすことは難しい様に感じます。⼼に寄り添った保育を⼼がけ、⼦どもたちが他者を受け⼊れる&他者に受け⼊れられるという経験を繰り返しながら⽣活してい く。ちょっと⼤げさですが⼦ども達が「⽣まれてきて良かった」 と、当たり前に感じてくれることを願っています。

園長 山田 裕宇記


1⽇⾝体測定 体操教室
7⽇七⼣
8⽇体操教室
9⽇おはなし広場
13⽇園児茶道
14⽇誕⽣会
15⽇体操教室 ⽇英会話 園児華道(ぞう組)
20⽇プール開き
27⽇夏祭り1⽇⽬
28⽇夏祭り2⽇⽬
29⽇体操教室/ 英会話
30⽇おはなし広場



先⽇初めて園庭で過ごしました。初めての場所に緊張している様⼦も⾒受けられましたが、しゃぼん⽟が⽬の前に近づいてくると、⼿を伸ばして触ろうとする姿も⾒られました。今⽉はプール開きがあります。ことり組にとって初めての⽔遊び・沐浴なので⽔に触れる楽しさを感じたり、汗を流して気持ちよくお昼寝ができるよう、体調の変化にも気をつけながら保育をしてまいります。

上⽥千恵⼦



暑い⽇が続いていますが⼦どもたちは毎⽇元気にいっぱいに過ごしています。お友達同⼠の関わり合いも増えてきており、⼿を取り合って遊ぶ姿が⾒られます。今⽉は夏祭りや⽔遊びがあります。夏ならではの活動を楽しみつつ、体調⾯に気を付けながら楽しんで参加をしたいと思います。汗をかく季節になりますので、⾐服の着替え等を⾏ない、⼦ども達が気持ちよく過ごせるようにしていきます。

鈴⽊憂美



⽣活の流れに慣れてきて、朝の会でお名前を呼ぶと⼿をあげて元気にお返事をしてくれます。また誰がお休みなのかすぐに気付き、友だちとの関わりが広がってきた事を感じます。お部屋は七⼣に向けて糊を使って製作した笹 飾りやご家庭で書いて頂いた短冊で⾊とりどりに飾られ⼦ども達は嬉しそうです。あと少し⾬の⽇が続きますが、 室内遊びを充実させ楽しく過ごしていきたいと思います。

畠⼭佳代



⼊園から2ヶ⽉が経ち、友だちの名前を覚えてお互い遊びに誘い合う姿も増えてきました。ファミリーデーや花 の⽇などの制作活動では⾃分の道具箱を使うことが嬉しいようで、喜んでクレヨンを⼿に持ち取り組む姿が⾒られ ます。活動を楽しむと同時に、物を⼤ 切に扱うことも伝えています。梅⾬に⼊ると室内で過ごす機会が多くなりますが、室内遊びの充実を図っていきたいと思います。

武⽥将⼈



晴れたり⾬が降ったりと天気の移り変わりが多い時期となりましたが、⾬の⽇には「今⽇は⻑靴履いて傘さしてきたよ!」と⾬の⽇ならではのエピソードを嬉しそうにお話して教えてくれます。今の時期ならではの⾃然に触れ、みんなで新しい発⾒をしていけたらと思っています。気候の変化が激しい季節になるので、⽔分補給や⾐服の調節をしっかりと⾏い体調管理にも気をつけていきたいです。

鈴⽊美憂



⼦ども達は天気や⾃然の移り変わりに、季節の変化を感じています。みんなで育てている野菜も、花を咲かせ実をつけはじめました。最近では苦⼿なことにも⾃ら取り組み、できた時の達 成感を感じている⼦ども達を⾒て、⼤きな成⻑を感じます。室内での活動が 多くなってしまう時期ではありますが 体調管理に気を付け、この時期ならではの遊びも楽しんで保育にあたっていきます。

三浦悦詩



2021年度  4月 | 5月| 6月 | 7月 | 8月 | 10月 | 11月 | 12月 | 1月| 2月 | 3月
2022年度